トラブル回避のための豆知識! ママ友との格差を感じる原因10選

残念ながら、ママ友トラブルって、100%なくすことはできないと思います。
子どもを育てている以上、
地域の人や同年代の親との交流は避けては通れないからです。

ただ、自分がトラブルの中心にならないよう、トラブルに巻き込まれないように
自衛することはできますよね^^
今回は、うまくトラブルを回避できるように、
ママ友格差を実感するわかりやすい例を10個ご紹介します。

ママ友格差やママカーストの被害に苦しむママは多いので、
ママ友お付き合いの参考にしてみてくださいね^^

その1
ママの外見

ネイルのつけ方
お化粧
髪型や髪の毛の色・・・

女性の美しい容姿って、それなりの金額をかけないと
保てないと思いませんか?
だから、ママの外見や持ち物なども、それぞれの家庭の
経済力を表すものとして家庭のランク付けの対象になってしまいます。

生活感を出さないように小ぎれいにするためには、
時間も手間もお金もかかりますよね^^;
自分よりも上質なママを見れば引け目を感じ、
自分よりも劣るママを見つけると優越感を持ってしまう・・・
そんな気持ちは、なんとなく分かるという人も多いのではないでしょうか。

その2
ママや子どもの持ちもの

子どもの見た目
子どもの洋服や持ち物のブランド
ママの洋服や靴、バッグのブランド
ママの時計やアクセサリーのブランド
ママの化粧品のブランド・・・

洋服や持ちものなどのブランドも、
家庭の経済力を見分けるための重要な目印です、
今はデザインも質も高い低価格の洋服があふれていますが、
やはり、人気の高級ブランド品を身につけるというのは、
自分自身もウキウキした気分になるし、
周りの人の視線も変わってくると思いませんか?

でも、競争意識にはまってしまって、
高価なブランド品を買い求め、外見だけを着飾ることはやめましょう。
季節や場所に適した自分に見合った品を身につけるのが1番です^^

その3
子どもの習いごとなど

子どもが何をならっているのか
子どもの習いごとの種類
子どもの通っている学校のランク・・・

子どもにかけているお金の額も
その家庭の経済力を見分けるための目印になりますね。
ママ友内のランキングにこだわるママにとっては、
子どもも自分の価値を高めるための道具として利用してしまい、
他人のことも勝手にランク付けをして、
自分の価値を高めようとすることがあるようです。

その4
家の大きさなど

住んでいる家は、賃貸か持ち家か
住んでいる家は、新築か中古か
家の土地は、所有しているのか賃貸か
住んでいる家は、戸建てかマンションか
土地や家の面積が、ひろいかどうか
住んでいるマンションの階数が上階かどうか
所有している車は、新車か中古車か
所有している車は、国産車か外車か
所有している車の台数・・・

家・・・
1番わかりやすい経済力の目印です。
なんと言っても、大きさもかたちも立派で、目に見えますから。笑。
所有する車も簡単にランク付けできますね。

同じマンションでも上階に住むママだけのグループがあって、
下階のママはグループに入れないとか、
高級外車以外は幼稚園の駐車場には入れない・・・
など、意味のない独自ルールをつくっては問題に発展する場合もあるとか、ないとか。。

その5
外食や旅行の頻度

家族での外食の頻度
外食の場所
家族旅行の頻度
旅行は、海外か国内か・・・

長い不況で、節約生活の方法が話題になったりしますが、
外食の回数が多い、家族で海外旅行に行ってきた、などは、
経済力を示すことになり、ランク付けの対象になりそうですね。

わざわざ子どものお友達に旅行のお土産を持っていって、
お金持ちアピールをするママもいるんだそうで・・・
うらやましいです。

その6
パパの職業

医者
弁護士
会社経営者・・・

当たり前ですが、ランク高ですよね。。

ママ自身の職業よりも家庭の経済力の要になるのは、
ご主人であるパパの職業です。
上にあげたような職業の男性は、
高収入、高学歴であることが多いので、
職業がその家庭の経済力の目印になるわけですが・・・
それ以上に
「こんな優秀な夫もっている優れたワタシ」
といった具合に、パパまでもを自分の持ち物と同等の扱いにしてしまう
勘違いママがいるみたいです。

その7
パパの年収

パパの年収
パパの肩書・・・

やっぱり、ご主人の年収が家庭の経済力の要である家庭が
多いですよね。
ママ友格差を見せつけることにはまっているママ同士だと、
「○○部長の奥さま」
などとパパのの肩書を使って呼び合って、
他のママとの差を大きく見せようとすることがあるようです。

その8
ママ自身の職業

医者
弁護士・・・

もともと、職業に優劣なんてないはずですが・・・
お医者さんや弁護士などの職業の収入はよいのが通常なので、
持ち物や服装にも差が出てしまうことがあります。

その9
ママ自身の学歴

私立大学か国立大学か
有名大学出身か
帰国子女かどうか・・・

子どもの学歴もその家庭の経済力を表わしますが、
ママ自身の学歴や教養の高さも、
実家の経済力やその家庭の収入知るための目印となることがあります。

育ちは人の考え方にも大きな影響がありますので、
有名な私立のお嬢様学校を卒業している、
いわゆる「ランクの高い」ママほど、こういった学歴にこだわる傾向あります。

その10
人づき合いの上手さ

ママ同士の人づき合いのよさ
所属するグループの規模・・・

ママ自身の人づき合いから、
ママの学歴や教育の程度、実家の経済状態を知るための目印が見つかることもあります。
自分の交友関係をランク付けの対象にすることも多くみられ、
人づきあいのよさを見て、
グループに入れる、入れないなどの審査をするママ友グループまであるそうです。

当然ながら、ママ友といえども、本来は人間として対等であるべきなので、
学歴や家庭の経済状況などでランク付けをして優劣を見せつけたり、
いやがらせをすることには、まったく意味がありません。

保育園でのお付き合いでは、お仕事をしているママばかりなので、
こんなママ友格差を感じるような自体に陥ることは少ないとは思いますが、
女性同士のお付き合いのなかで、見栄の張り合いや足の引っ張り合いが
ないとも言えません。

そういったトラブルはできれば自衛して、事前に回避できると
楽しい生活が送れますので、ご参考までに。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加