興味津々の子どもに育てる! 1歳児版おすすめ絵本10選

周りのものに対する興味がどんどん広がってくる1歳の赤ちゃん。
そんな成長に合わせて、
読んであげたい絵本がたくさん出てきて困ってしまうかも!?

絵本選びのヒント

1歳くらいになると、
男の子、女の子などの性別や性格によって、
好みだんだんはっきりとしてきて、
ただ、食べる、寝る、といった基本的なことだけではなく、
その他の生活習慣や、動物、乗り物などにも興味が出てくる頃です。

毎日の生活の中で自分の子どもが何に興味を持っているのかを探しながら、
いろんなジャンルの絵本を読んであげて、
いろんな世界に触れさせてあげるのがいいんじゃないでしょうか。

絵本を読んでいると、
自分で指をさしたり、声を出てみたり・・・
いろんな反応が出てくるようになって、
読んであげているお母さんも子どもと一緒になって読めるので、
楽しい読書タイムが過ごせます。

おすすめその1 『どんどこ ももんちゃん』

作: とよた かずひこ
童心社

長男が保育園の未満児クラスのときにお気に入りだったらしく、
何度も何度も借りてきた絵本です。

桃なのか、人間の赤ちゃんなのか・・・
不思議な風貌のかわいらしい「ももんちゃん」が
ひたすら、どんどこどんどこ、走りつづけるお話です。

絵と言葉が、小さい子にもわかりやすいのかなぁ、と思います。
ももんちゃんが、「どちん」と転ぶところでは、
一緒になって頭を押さえたり、
一緒にお話しの中に入り込んでいて、
読んであげていて楽しい1冊でした。

おすすめその2『しろくまちゃんのほっとけーき』

作: わかやま けん
こぐま社

しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキをつくるお話。
ホットケーキが焼けていくシーンが楽しいようで、
長女に何度も何度も読まされました。笑。

ぽたあん
どろどろ
ぴちぴちぴち
ぷつぷつぷつ
しゅっ
ぺたん
ふくふく
くんくん
ぽいっ

一緒に指さしながら読むのがお決まりでした。
最後に、一緒に「おいしかったねー」で終わるのですが、
お休みの日はホットケーキつくってあげよう・・って思ってしまいます。

おすすめその3 『うずらちゃんのかくれんぼ』

作: きもと ももこ
福音館書店

「うずらちゃん」と「ひよこちゃん」のかくれんぼの絵本。
キレイな色の絵と形のなかに、隠れてしまううずらちゃん」と
「ひよこちゃん」を探していきます。

小さいうちは自分から見つけることができずに、
「もういいかい」
「まぁだだよ」
と読んであげているだけでしたが、
だんだん、
「わぁぁぁぁ」と一緒に驚いたり、
「えんえん」と一緒に泣くマネをするようになって、
2歳頃には、「みぃつけた」と指させるようになりました。

お話としても遊びとしても楽しいおすすめの絵本です。
大きくなってからも、1人で読んで、
「みーつけたー」とやってます。

おすすめその4 『きんぎょがにげた』

作: 五味 太郎
福音館書店

私は、五味 太郎さんの味わいある絵が好きです。
この絵本は、病院の待合室でよく読んであげた記憶があります。

ストーリーは単純で、
「きんぎょばち」から逃げた「きんぎょ」を探していくだけのお話です。
いえのあちらこちらに隠れているので、
「きんぎょさんはどこ逃げたかな???」
「あー!!!」
という感じで、一緒に遊べます。

おすすめその5 『ぞうくんのさんぽ』

作・絵: なかの ひろたか
福音館書店

ほのぼのとしたぞう、かば、わにの表紙が可愛い絵本です。

気のいいぞうさんが、みんなを背中に乗せてお散歩に行くのですが・・
かばくん、わにくん、かめくんを順に背中にのせて・・・

だんだん、ぞうさんの顔色が・・・
そうすると、お話を聞いている子どもの顔色も真剣に。
後半の「うわぁぁー」と倒れるシーンは少し大げさなくらいに
読む方が子どもの食いつきがいいようです。

どっぼーん」のときは、大笑いしながら一緒に騒ぎます。

何度読んであげても、
最後の「どっぼーん」がとっても楽しみなようです。

おすすめその6 『きゅっ きゅっ きゅっ』

作・絵: 林 明子
福音館書店

おいしいスープ
いただきまーす・・

可愛らしい赤ちゃんが
ぬいぐるみのねずみ、うさぎ、くまと一緒に
並んでスープを飲みはじめる・・・

全員、エプロンやナプキンをして、
手にはスプーンを持って飲み始めるのですが・・・

あっ!
ねずみさんが こぼした
おなかに こぼした

そうすると、赤ちゃんが、ネズミさんのエプロンを・・・

ふいてあげるね
きゅっ きゅっ きゅっ!!!

な、なんて可愛い・・・
(とはじめて読んだときに思いました。)

次はうさぎさん、くまさん、と順に
こぼしたスープを吹いてあげるのです。

実際の食事中も、「きゅっ、きゅっ、きゅっ」といいながら、
手や口を拭いてあげると子どもも嬉しそうにしています。

子どもとの生活の中の定番の行為に
きゅっ、きゅっ、きゅっ」という音をつけるだけで、
毎日の生活がとっても楽しくなりますよ。

おすすめその7 『あいさつ』

作・絵: いもと ようこ
金の星社

いもとさんの描く可愛い動物の絵がお気に入りの一冊です。

おはよう
いってきます
こんにちは
さようなら
ごめんなさい・・

基本的なあいさつが描かれています。

一緒に指さしながらあいさつする練習ができます。
元気ににっこりしながらあいさつをすることを子どもと一緒に学べます。

あいさつは ことばの あくしゅ
という言葉に共感しました。
親の私も心がけなくては、と読むたびに思います。

おすすめその8 『うさこちゃんとどうぶつえん』

作・絵: ディック・ブルーナ
訳: いしい ももこ
福音館書店

いわゆる、ミッフィーの絵本のうちの一冊です。
娘はどの絵本も大好きなようですが、
お父さんと一緒に動物園へ行くこの絵本が1番のようです。

うさこちゃんがお父さんと動物園に行って、
しまうま、かんがるー、ぞう、きりんなどを見てまわるお話なんですが、
はじまりが・・・

お父さん
いっしょに くるかい?

そして、お父さんはネクタイをして、
きちんとした格好をして動物園へ出発します。

あざやかな色使いとわかりやすい絵が、
1歳くらいの子どもにはちょうどいいようです。
文字が読めなくても、自分でめくって楽しんだりもしています。

おすすめその9 『くんくん、いいにおい』

絵: たしろ ちさと
グランまま社

大きな書店でやっている読み聞かせ会で出会った絵本です。

そのとき初めてこの絵本を知ったのですが、
かなりの衝撃を受けました。

なぜって・・・

想像してみてください。

やきたてのいいにおい
さわやかなにおい
げんきなにおい
なつかしいにおい・・・
おかあさんのにおい。

絵本を見ながら(お話を聞きながら)、
周りの子ども達もわが子も・・・
目を閉じたりしながら、においを嗅ごうと少し鼻を膨らましているんです!

想像力の豊かな子ども達なら、
本当にいろんなにおいを感じとっているんだと思います。

ほんわかとした絵も可愛いし、
具体的にどんなにおいなのかは書かれていないけれども、
一緒に読んでいると、本当ににおいが漂ってきそうな絵本なんです。

ぜひ、お子さんと楽しんでいただきたいです^^

おすすめその10 『はらぺこあおむし』

作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし
偕成社

有名なベストセラーなので、
あまり多くは書きませんが・・・

シンプルで美しい色彩、
無駄のない構成、
丸い穴が子どもの興味をわしづかみ・・・

実は、1歳ごろはわが子はあまり興味を持ってくれませんでした。
2歳くらいかな・・すこし大きくなって、
本当のあおむしを見たり、さわったりし・・
あおむしに興味をもつようになってから
あらためて読んであげると、絵本の世界に引き込まれていました。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加