ひとりっ子がわがままに育たないために教えるべき5つのこと

この子はひとりっ子だからわがままに育っちゃって・・・

なーんて言葉を聞いたことがある方、
いったことがある方・・・
いらっしゃいませんか?

果たしてひとりっ子は、わがままなのか???

私自身は下に弟がいましたし、
自分子どもは3人いますので、
ひとりっ子という状況を個人的に体感したことはありませんが、
私自身の見解としては、
ひとりっ子だからといって、
必ずしもわがままというわけではないと思っています。

やはり、どういう育て方をしたか、されたかで変わってくるのではないでしょうか^^

それでは、今回は、
わが子をわがままにならないために教えるべきことを
お伝えしていきたいと思います。

教えるべきことその1
「ごめんね」と「いいよ」が言えるようになる

子ども同士で遊ぶと必ずといっていいほど
何かしらのトラブルが発生します。
たいていは、おもちゃや本の取り合いから始まります。

兄弟姉妹がいると、
解決方法が自然と身につくこともありますが、
ひとりっ子の場合、
家族の間でものを取り合うことや
ケンカをする機会なんてほぼないはずです。

ということは・・・

できるだけ、児童館や公園に連れていって、
ほかの子どもと交流させ、小さいうちから
トラブルが起きたらどう対応すればいいのかを
教えてあげるといいのです。

自分に非があれば「ごめんね」と素直に謝ること、
そして相手から謝られたときは
いいよ」と許してあげられる優しい気持ちが持てるように
ゆっくりと親が教えてあげるといいでしょう^^

「謝らないでいると、お友だちとても楽しくないなぁ・・」
というのは、
3歳くらいになればなんとなく理解できるようになるものです。

教えるべきことその2
相手の気持ちが考えられるようになる

子どもって、どんなに仲がよくっても、
たまには意地悪してみたくなったりするみたいです。

嫌なことをされたからやり返そうと思う衝動、
されたらどれだけ嫌な気持ちになるのか・・・

その両方を経験することが大切です。
両方を経験して初めて、
相手の気持ちがわかるようになるのです。

ひとりっ子でも、
お友だちとの関わりが増えていくと、
どちらの経験も必ずするはずです。

もし自分の子が意地悪されたら・・・
一方的に相手の子どもを非難してしまいがちですが、
「どうして○○ちゃんは意地悪したんだと思う?」
と自分の子にも非がなかったかどうかを優しく聞いてみましょう。

トラブルの理由が自分の子にある場合は、
してはいけないことを教えるよい機会です。
もし、非がなかったとしても、
こんな風に嫌な気持ちになることは、
お友達にはしてはいけないということを
教えることができますよね^^

教えるべきことその3
人と関わって過ごせる社会性をもつ

ひとりっ子の場合、
当たり前ですが、家庭内にはほかに子どもがいない状況です。

なので、他の子どもと交流を持つには、
年齢を問わず、お友達をつくるということが
重要になってきます。

未就園児ならプレ幼稚園や児童館、子どもが多い公園など。
自治体主催の子どものイベントも
たくさんの子どもと触れあういい機会です。

兄弟がいない分、子ども同士が出会える場所に親子でお出かけして
社会性を身につけるようにしてみましょう。

教えるべきことその4
自己主張できるようになる

ひとりっ子の場合、
子どもがいる環境に出ていかない限り、
それほど自己主張せずに自分の思い通りになることが多いくなります。
なので、自分で主張することが少なくなり、
次第に大人に依存する癖がつくことがあります。

お友達とトラブルになったときに、
自分の思いをうまく伝えることができないと
不利な立場になることもありますよね。

自分の意思や気持ちを
はっきりと伝える大切さを教えてあげるというのは、
重要なことなんです。

教えるべきことその5
我慢する

兄弟がいると、
おもちゃも本も独り占めして遊ぶことが難しく、
我慢したり、順番を守って遊ぶという経験を
簡単にもつことができます。
また、順番を守るといっても、子ども同士だと
「お兄ちゃんが何回も使って、ずるい!」
なんていうトラブルも考えられます^^;
そんな経験から忍耐力がつき、
どうしたら自分が長く遊べるのかといったことを
考える力もつけることができます。

ひとりっ子の場合は、
家庭内でそういった状況が起こらないので、
我慢や忍耐を経験するには、
欲しいものをすぐに買わないということも大切なことです。

欲しいものがあるときはすぐに買わずに、
「お手伝いを1週間続けたらね」
「クリスマスまで我慢してみよう」
など、我慢させたり、
努力させたりしてみるのもいいかもしれません。

こんなことを書いていたら、
ひとりっ子って、不利なのかと思う方もいるかもしれませんが、
ひとりっ子だからこそ身につけやすいことだってありますよね^^
親との関わり方次第で兄弟姉妹のいる家庭と同じ環境を
つくってあげることも可能なことはおわかりいただけたと思います。

まずは
ひとりっ子だから・・・
と親が偏見を持つのをやめてみることから初めてみてはいかがでしょうか。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加