小さな努力の積み重ねが実を結ぶ! 幸せな家庭をつくる条件5選

家族みんなが幸せ・・・
それだけで、
ストレスやイライラの原因がかなり減りますよね。

セルフマネジメントの最初の一歩は、
身近な家族の幸せから・・・

幸せ・・・
かたちはたくさんあって当たり前。
共通点は、
家族みんなが一緒にいることに安心感や幸福感をもっていること・・
くらいじゃないでしょうか?

そんな、
幸せを実現するための条件を考えてみました。

条件その1
安心感がある

ありのままの自分を愛し、受け入れてくれる・・・
家族全員がそんな風に感じることができたなら、
本当に素敵なことだと思いませんか?

子どもに、
どうしてそんなことするの!!!
と厳しく注意してしまったり、
夫に、
なんで、手伝ってくれないの!!!
と強く言ってしまったり。

ありがちなシーンではありますが、
責められたり、
否定されていると感じることがあると、
安心感が感じられなくなってしまいます。

条件その2
会話が多い

家族の会話が多く、
にぎやかで一緒にいて楽しい気分になれる・・・
これも、素晴らしいことですね^^

楽しかったことや嬉しかったことを、
家族全員で共有できるから、
一緒にいるとよりいっそう楽しみが増えます。
会話から笑顔が生まれ、つながりも強くなり・・・
幸せを実感しやすくなります。

条件その3
勇気がもらえる

失敗したことや辛かったことなども、
優しく受け止めてもらって、
一緒に解決策などを考えたりすることで、
イヤなことにも立ち向かえる勇気が出るし、
自分を大切にしてもらっていると感じることができます。

忙しい・・と子どもや夫の話を遠ざけてはいませんか?
家族の話は、きちんと聞くべし!

条件その4
安らげる

ただいまー!
おかえりー!!(笑顔)

これだけでいいと思いませんか?
これだけで家に帰ってきたときに、
ほっこりあったかい気持ちになって、
幸せを感じることができます。

家の中が少しくらい整っていなくても、
のんびりくつろげたら、それでよし、
というくらいの構えでいいじゃないですか?

少しくらい考え方が違っても、
少しくらいできていないことがあっても、
家に帰ってきたら少し忘れて、
家族みんなが疲れを癒やすことができる空間を
つくっていけるといいですね。

条件その5
家族が団結している

家族が好き勝手に暮らしていると、
お互いにやりたいことが衝突したりして、
嫌な思いをしてしまうことも。
お互いを尊重して、仲良く暮らす努力が必要です。

また、
悪いことをしたら「ごめんなさい」と謝るなどの、
最低限のルールを守ることも大切。

家族間でみんなが楽しく幸せに暮らすためのルールがあり、
みんながそのルールを守って生活するように心がけていると、
余計なケンカや争いが減ってきます。
そうなると、家族が一体感をもって過ごしやすくなり、
いざというときに、一丸となって対応できるようになり、
そういう経験の積み重ねが、幸せな家族だと感じるための
基礎となります。

もし、少しでも
幸せな家庭を作るための条件とずれている、
今の家庭に不安を感じている・・・

そんな場合は、
アナタから行動を起こすことが大切です^^
幸せな家庭を作るためにやるべき
小さな一歩のヒントを最後にまとめてみました。

一度にぜんぶやる必要はないんです。
できることをひとつずつ増やしていけばいいんです。

今すぐ、幸せな家庭を築くための意識改革を始めてみませんか?

【小さな一歩たち^^】
愚痴や悪口は言わない。
ありがとうをキチンと言葉で伝える。
たくさん褒める
いいところをたくさん探す。
あいさつをキチンとする。
思ったことはストレートに伝えあう。
たまには可愛く甘えてみるのもよし(ガミガミ、クドクド言わない)。
責めない。
喜びも悩みも分かち合う。
相手の言いたいことをキチンと聞く。
記念日は大切にする。
価値観を押しつけない。
問題があったら家族で解決する。
協調性を大切にする。
喜ばせる努力をする。
支え合う。
プライバシーを守る。
依存しない。
周りの人を大切にする。
家族で整理整頓のルールを決める。
共通のルールと夢を持つ。
尊重しあう。
自分自身の人生を楽しむ
女性としての美しさは捨てない。
お金の管理はシビアにする。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加