とほほ・・・くすっと笑える「育児ことわざ」7選 – パート2

子育中のあるあるエピソードをことわざ風にまとめた「育児ことわざ」。

ぜったい「あー、あるある!」とうなずいてしまう
「育児ことわざから」からは
毎日子育てをがんばるママの日常を垣間見ることができます。

先日ご紹介した「育児ことわざ」、後半戦です^^

反抗期は寝て待て

(果報は寝て待て)
子どもに手をつくして、どんなに大切に育てていても、
反抗期なんてものは親の力ではどうにもならないものだから、
あせらずにゆっくり反抗期が過ぎるのを待つのが良い

という意味。

「果報は寝て待て」
は、
「運というものは人の力ではどうにもできないものだから、
あせらずに時機を待つのが良い」
という意味のことわざです。

決して、怠けてもよいということではなく、
人事をつくした後は、気長によい知らせを待つしかない
という意味が込められています。

主人の子は息子

(蛙の子は蛙)
困ったことや悲しいことがあると、
すぐに口を「ハ」の字に曲げるところなど、
息子のやることなすこと、表情までも
主人にそっくり

という意味。

4か月のころの次男。
まだあまり動けなくても、
体をバタバタと動かすことが大好きでした。
座っていても、前にいったり横にいったりしようとしても、
思うように体を動かすことができません。

・・・そうすると・・・
動けないことが悲しいらしく、
口を「ハ」の字に曲げて困ったような顔になっちゃうんです。

おもちゃで遊んでいるときだと、
遊んでいたおもちゃが転がってしまって、
自分で取れなかったときも、
口を「ハ」の字に曲げて、「取ってー!」とお願い。

その表情が、
あまりにも主人とそっくりで、毎回思わず笑ってしまいました。

洗濯機から出た石

(身から出たさび)
外で遊んだあとの子どもの洋服。
何も考えずにそのまま洗濯すると、
突然ガラガラという音がしてびっくりする

いう意味。

子どもって石が大好きで、
いろんな色や形の石を大事に持って帰ってきたりしませんか?

そんな大事ないしは、たいてい、お気に入りのポケットの中に・・・

ある日、
それに気づかずに洗濯してしまい、
洗濯機からガラガラと異音が・・・

あわてて確認すると、ポケットに入っていた石が
洗濯機の中で洗われていました。

それからは、洗濯をする前にポケットをひっくり返して
石が入っていないか確認してから洗うようにしていますが、
たまに忘れて、
がらがらがらがら・・・・。泣。

似たようなことわざに
ポケットから出た虫」というのがあります。

花より小石

(花より団子)
キレイに咲き誇るお花よりも、
道端に落ちている小石につい夢中になってしまう女子1名・・

という意味。

いやー、子どもって本当に石が好きですよね。笑。
買い物や散歩に行く途中、石が落ちていると拾わずにはいられない。。
タンポポ、桜、チューリップ・・・
どんなにキレイなお花が咲いていても、見向きもせず・・・

拾った小石を「どうじょー」と満面の笑みで渡してくれる姿は
かわいらしくて癒やされますが・・・

もう少し、お花にも興味を持ってほしいな、なんて思う今日この頃です。笑。

同じ釜の飯は食わない

(同じ釜の飯を食う)
ご飯よりもパンが好きな娘。
いつも、ひとりだけ違うメニューを要求されるのが面倒くさい

という意味。

イヤイヤ期の頃の娘。
食事のたびに、ご飯を「いや、いやいやー」と
体全体で断固拒否。泣。

その姿はまるで
家族とは同じ釜の飯は食わない!
と言っているよう・・・

イヤイヤ期の娘をコントロールすることができずに
当時は数日、同じ釜のご飯を食べることができませんでした。

いつかは娘が、
家族と同じ釜のご飯を食べてくれる日が来ることを
切に願っていました。笑。

触らぬ娘に祟りなし

(触らぬ神に祟りなし)
保育園から帰ってきた娘。
とにかく疲れていて、ほぼ毎日ものすごく機嫌が悪い
何を言っても、何をしても喧嘩になるので、
それならいっそ、何も言わないほうが喧嘩にならない

という意味。

保育園から帰ってきた娘の着替えを手伝おうとすると、
自分でやるからと不機嫌に・・・
「○○先生といっぱい遊んだ?」と聞くと
「お母さんはしゃべらないで」と言われ・・・

そういうときは、何も言わずに
そっと静かに見守ります・・・

辛さ過ぎればいい思い出

(のど元過ぎれば熱さを忘れる)
子どもが小さい間は、必死で育て、悩み・・・
でも、時が経つと、
いつの間にか忘れてしまっていて、後から振り返ってみると、
あのときは、どうしてあんなに必死になっていたんだろう・・
と不思議に思ってしまう

という意味。

先日。長男が熱を出して寝込んでしまい、
お布団で吐いてしまい・・・
寝具一式を洗うことに・・。泣。

思い返せば、あの子が赤ちゃんの時は
かなりの頻度で吐きまくり。
毎日毎日お布団を洗っていました。

あの時は息子も小さかったし、
毎日毎日本当に大変だと思っていたけど、
8年も経つと案外忘れてしまうもんなんだなと思っています。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加